視力に関する説明

視力に関する説明

そもそも視力って何?

視力とは、眼で見て周りの環境を識別する能力のことです。

 

視力の性質の種類には、動体や静止や深視などがあります。
静止は静止しているものを識別する能力のことで、動体は動いているものを識別する物を識別能力のことです。
深視は、物を立体的に識別する役割を担っています。

 

視力の程度を客観的に判断するには、一定の距離から記号を識別する検査が行われます。
検査の結果は、数字表記で表現されます。

 

視力は常に一定ではなく、身体上の要因や環境上の様々な要因によって変化する場合があります。
身体上の原因としては、白内障など病気による影響や加齢の影響によるものがあります。
環境上の要因としては、パソコンや眼の酷使など日常生活による影響などがあります。
そのため、人により識別する能力の程度は異なります。

 

視力の機能が低下すると、物を識別する能力が低下して周りが見え辛くなるため、車の運転を行う場合や、特定の職業に就く場合は、一定以上の視力が職業の条件項目になっている場合があります。

 

低下した視力は病気による影響のもの以外は、メガネやコンタクトレンズや老眼鏡などの矯正器具を使用することで、一時的に改善することが出来ます。
医療による方法では、レーシックなどの手術による方法があります。