効果はアサイーの7倍!マキベリーってなに?

MENU

アサイーを超える奇跡の果実?マキベリーの実力とは

アサイーは、南米原産のスーパーフルーツと呼ばれ日本でも、ドリンクになったりサプリメントになったりと大活躍中です。

 

ですが、そんなアサイーを超える奇跡の果実と言われているのがマキベリーです。

 

このページでは、マキベリーで摂れる栄養素や効果、そしてマキベリーが摂取できるサプリメントをご紹介したいと思います。

マキベリーってなに?

マキベリーの原産地は、アサイーなどと同じく南米大陸。
ところが同じ南米でもブラジルと違ってマキベリーはそこからかなり南下した南極に近い厳しい環境で知られるチリのパタゴニアが原産地です。

 

抗酸化物質の含有量を示すORAC値という数値があるのですが、マキベリーは、そのORAC値でアサイーの7倍にも上る抗酸化力があると認められています。

 

これは、マキベリーに含まれているアントシアニンの量の多さを表しています。

 

アントシアニン量がマキベリーはアサイーの5.4倍も含まれているんですね。

チェックポイントORAC値ってなに?

 

ORAC値とは、アメリカの農務省が定めた抗酸化力の強さを示す数値です。
正式には、活性酸素吸収力数値と言います。
世界一の健康食品大国とも言えるアメリカの農務省が定めたORAC値が高いことがアンチエイジングや健康効果の高さと言えるんですね。

マキベリーは、アントシアニンの他にもビタミン群やミネラルが含まれています。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • パントテン酸

 

といったビタミン群の他にも・・・

 

  • リン
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム

 

などのミネラルも摂取できることが特徴で、血液の質を上げて代謝を良くしてくれる効果があるんですね。

 

では、もう一方のアサイーについても見てみましょう。

アサイーの抗酸化力や健康効果は?

アサイーは、南米ブラジル産のスーパーフルーツと呼ばれているのは皆さんもご存じの通りです。

 

ちなみにアサイーはもともとブラジルのアマゾンで育ったワカバキャベツヤシという木の実です。

 

余談になりますが見た目自体はブルーベリーなどのベリー類にそっくりなのですが、ベリー類やその近似種ではなくヤシ科の植物です。

 

一方のマキベリーはその名のとおり、北欧産のビルベリーと同じでベリー類に分類されます。

 

しかも、ポリフェノール総含有量はアサイーの5.4倍!とぶっちぎりのポリフェノール量を誇っています。

 

ブルーベリーよりもビルベリーがポリフェノール含有量が多いと言われて注目されたのと同じくもしかしたら南極圏のような厳しい自然環境が作り出した奇跡なのかもしれません。

 

そういえばビルベリーも一年のうち半年は日が昇らない白夜の国が原産地で人間の手で栽培されているものではありません。

 

ところが、ポリフェノール量に関しては通常のブルーベリーに換算すると20倍以上も含まれています。

 

期待される効果はがん細胞の発生を抑止するDNA損傷修復やアンチエイジング、抗アルツハイマーに抗メタボ。
それ以外にもとてもここでは紹介しきれないほどの効果があると言われています。

 

これほどの効果があるなら眼精疲労うんぬんとは関係なく是非摂ってみたいです。

 

まだマキベリーに関しての研究は進んでいるとは言えず情報も限られたものですが、ポリフェノールが抗酸化作用の観点から身体に良い事は既に実証されています。

 

もしかしたらマキベリーは目の悩みやアンチエイジングの希望の星になってくれるかも知れません。

 

マキベリーが含まれているブルーベリーサプリはこちら