視力回復手術レーシックの副作用ドライアイ

MENU

確実な視力回復方法「レーシック手術」の落とし穴

確実な視力回復の方法としては、レーシック手術を受けるという選択肢もあります。

 

以前は医療ミスなどもあったようですが、現在ではとても安全性が高い手術として広く浸透しています。

 

ただし、そんなレーシック手術も一時的ではあるものの、術後に意外な落とし穴があるんですよ。

 

このページでは、レーシック手術のメリットやデメリット、その後の視力の経過、そして意外な落とし穴について一緒に見て行きたいと思います。

レーシックってどんな手術?

レーシック手術とは、眼球の最前面に位置する角膜を削って、レーザー光を当てることで屈折率を人為的に変更して近視や乱視を回復する手術です。

 

一時期、レーシック手術を格安で受けられるとアピールして、ちゃんとした衛生面での手術室の管理を行わない業者もあり、事件が続発して問題になった事がありました。
今では、そういった悪質な業者も存在していないようですね。
ですが、信頼性という意味では、名前が知れている業者を選ぶのが大切です。

 

価格的には、最安値でも7〜10万円程度で受けられるようです。

レーシックは具体的にはどんなことをするの?

レーシック手術で行う事は、目の眼球表面の角膜を削って、屈折率を変えることで視力を向上させます。

 

信頼できる業者ならば、具体的にこういった手順を踏みます。

 

  • 角膜や水晶体などを検査
  • 手術日程を決める
  • 手術を実施
  • 当日のうちに退院
  • 術後の経過を連絡する
  • 問題があれば対処

 

といった手順になります。

 

角膜を削る際には、切開してフラップと呼ばれる、レーザー光の入口になる部分を作り、レーザー光で屈折率を調節、その後に角膜を閉じるため、場合によっては角膜に段差が出来て夜間に光がにじんで見えるとかドライアイになるなどのデメリット、最悪の業者でレーシックを受けた場合は、感染症になるケースもあります。

 

レーシック手術後のドライアイ対策は?

レーシック手術は、角膜部分にレーザー光を当てて光の屈折率を変える事で視力回復を図る手術です。

 

ただし角膜周辺には目の乾きに反応して涙の分泌を促進させる神経が無数に存在しているので、一時的なドライアイ症状を感じる方もおられるそうです。

 

涙を増やしてあげる事がドライアイ対策に有効なのは言うまでもありません。

 

ですが、そんな都合の良い方法がなかなかないのでドライアイは目薬を指すだけという対処療法になってしまう場合がほとんどなのです。

 

目薬を頻繁に指す事によって、症状の大部分は緩和されますが、仕事柄目を酷使される方は、それだけでは不充分です。

 

明らかにドライアイの不快感を感じている方には目薬も良いのですが、あくまで一時的な対処療法になってしまうので、さきほど言ったような涙の量を増やす工夫が必要になってきます。

 

突然ですが涙の原料はご存じですか?涙の原料は血液です。血液から赤くなる血球や血小板などを取り除いた物が涙になっているんです。さきほど涙の量を増やすと言いましたが、涙腺に向かっての血液の流れが滞るとドライアイの原因になってしまう事が分かっています。

 

その視神経や眼球周辺に無数にある非常に細い毛細血管の数々の血流が悪くなってしまう原因は酸化劣化です。

 

日々、紫外線やパソコン・スマホ・テレビからのブルーライトから受ける光刺激による酸化から、それらの血管を守ってあげることで涙の量を増やしてあげる効果が期待出来ます。

 

ブルーベリーサプリのアントシアニンやアスタキサンチンなどは高い抗酸化力を持っているので、ドライアイ対策に活かして行きたいですね。

 

ブルーベリーサプリでドライアイが緩和される根拠は?

レーシック手術でドライアイに陥ってしまう危険性があるのは先ほど冒頭で紹介しましたが、そのドライアイを緩和する役割は本来充分に分泌されるはずのが担っています。ところで涙が作られる原料はご存じですか?

 

食べたり飲んだりする食物や飲料から補給できる水分も必要ですが、実は涙の主原料は血液なんです。血液から血球や血小板など赤くなるものを取り除いたものが涙なんです。

 

成分自体は先ほども紹介した通り、80%以上が水なのですが、リン酸ナトリウム(これが塩っぱく感じる味の素です。)やその他のミネラルが豊富に含まれています。

 

その涙によって眼球の表面はいつも濡れて潤滑された状態が保たれています。その涙の産生・分泌を促すには視神経周りの血流改善がいちばん効果的なんです。

 

ブルーベリーサプリに含まれているアントシアニンやアスタキサンチンなどは視神経周りの血管の酸化による劣化を防いでくれるので涙の量を増やすのには最適なんです。

 

レーシック手術によって一時的に傷付けられた眼球の表面はとてもデリケートな状態になっているので、平時よりもむしろ涙の量が多くなければまぶたの中で眼球が動くたびに眼球が刺激されて傷の治りが遅くなるんです。

 

これが、レーシック手術後に感じるゴロゴロ感や軽い違和感の正体です。それを払拭するためには充分な量の涙が必要になってくるという訳ですね。

 

視力改善が目的のレーシック手術で、視力悪化につながる原因のリスクが増えてしまうのでは、それこそ本末転倒ですからね。涙が不充分な分を目薬とブルーベリーサプリで補ってあげれば、レーシック手術後のドライアイ対策に効果が期待できるんです。