ブルーベリーの特徴について

MENU

ブルーベリーの効果は目に良いだけ?

ブルーベリーは、アントシアニンを含む青紫色をした可愛らしい小さな果実です。
抗酸化作用が非常に強く細胞の老化を抑制する働きがあり、若返りの効果があります。
味は甘酸っぱく、果実の中にはビタミン・食物繊維・ミネラルなどがバランス良く含んでいます。
ブルーベリーは視野認識機能の改善に効果がある事が分かっています。

 

昔(第二次世界大戦当時)のイギリス空軍パイロットの逸話をご存じでしょうか?
激しい空中戦を繰り広げる常に死と隣り合わせの危険な任務を背負う彼らの健康維持のために
ブルーベリージャムをたっぷり塗ったトーストを食べさせたところ、
視野認識力と空間把握力が上がり敵機の撃墜率が上がったというエピソードも残っています。

 

ちょっと話が脱線してしまったので元に戻しますね。

 

ブルーベリーには加齢からくる目のかすみやしょぼつき・ぼやけなどを改善させる働きがあります。また、眼精疲労や視力低下にも良いといわれていますね。
ビタミンAも多く含まれているので、眼の網膜を強くしたり夜盲症を予防する効果があります。

 

ブルーベリーは体を錆びつかせる活性酸素を抑制する働きがあるので、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を予防する効果があります。

 

ブルーベリーは整腸作用があり便秘や下痢を改善する働きがあります。ブルーベリーには尿路殺菌作用があるアルブチンが含まれていて、細菌の膀胱内への感染を防ぐ効果があります。
ブルーベリーは皮ごと食べることができます。皮のまま食べることによって栄養素をまるごと摂取することができます。
ブルーベリーは冷凍されているものが販売されていたり、ジャムや缶詰・ドライフルーツ・フルーツソースなどの加工品で販売されていたりするので摂取しやすいフルーツになります。

 

時期によっても変わりますが結構身近なフルーツとも言えるので、食習慣に採りいれてみる価値はあるでしょうね。

ブルーベリーの成分を効率よく摂取する方法

ブルーベリーは私たちにとって届かないような果物ではありませんが、毎日摂取するような非常に身近な果物というわけでもないかと思います。
また、目や体に様々な良い効果があると分かっていても、ブルーベリーはちょっと苦手。
という方も少なくないはずです。
それらを考慮して、最も効率よくブルーベリーの成分を摂取できる方法がサプリメントです。

 

サプリメントにもいろいろですが、最近は様々な目のトラブルに悩む方が急増していることもあり、多くのブルーベリーサプリメントが登場しています。
メーカーによって特徴が変わってきますが、サプリメント1つでブルーベリー何個分もの栄養を摂取できる。といったものもあります。

 

確かにサプリメントを購入するとなると、その分お金がかかってしまいますが、多くの場合2,000円から4,000円程度で購入することができます。
もしもブルーベリーを毎日食べる習慣をつけるとなると、ブルーベリーを購入する金額を考えるとさほど大きな差がないことが考えられます。
そうなると、手軽により効率よくブルーベリーの良い成分を摂取できるサプリメントでの摂取が最も効率の良い摂取方法ではないかと思われます。

 

ただし、ブルーベリーサプリにもいろいろな種類があり、自分の目的に合わせたサプリを選ぶことが大切です。
そのための分かりやすい特徴と効果をご紹介しているランキングがあります。

 

ブルーベリーサプリの効果と成分から見る選び方