妊娠中や授乳中はブルーベリーサプリを飲んで良いの?

MENU

妊娠中や授乳中の眼精疲労対策とおすすめサプリ

妊娠中や産後の授乳中で疲れ目や眼精疲労に悩まされていませんか?
妊娠中に体調不安定に耐えながらお腹の赤ちゃんを気遣う妊婦さん。
やっと無事に生まれてきてくれた赤ちゃんに授乳やお世話は楽しい時もあるけど疲れてしんどい時もある・・

 

そんな妊娠中の産前から、産後の産褥期から授乳中のママさんに
起こりやすいと言われているのが眼精疲労で
肩こりや頭痛が酷くなったり、時には吐き気がするほど気持ち悪くなってしまう方もいます。

 

このページでは妊娠中から産後の授乳中の眼精疲労の対策や、
妊娠中にも安心して利用できる国産原料のアイケアサプリをご紹介していきます。

 

妊娠中や産後の授乳中に感じる眼精疲労からくる肩こりや頭痛、首筋の痛みは、
目を休ませるだけでは、なかなか解消できない難しい症状です。

 

またマッサージをしたり、タオルで温めたり冷やしたりという対策も一時的には有効ですが、
やはり根本的な対策にはなりません。

 

さらに妊娠中や授乳中は、市販の目薬や眼精疲労に効果的と言われている市販薬のナボリン、
鎮痛薬のバファリンなども避けた方が良いと言われています。

 

そこで、おすすめなのがブルーベリーサプリです。

 

妊娠中や産後の授乳中に安心して使えるアイケアサプリは『一望百景』という製品です。

 

一望百景

この一望百景というサプリメントは、沖縄産の紅イモや八重山かずら、琉球もずくなどの
天然由来の無農薬原料から有用成分だけを抽出して作られています。

 

一望百景の特徴は、ブルーライトカット効果があるルテインを20mgも摂取できる他に、紅イモ由来のアントシアニン、琉球もずく由来の殺菌・抗菌作用と抗酸化作用があるフコイダンという安心・安全な成分だけで作られています。

 

妊娠中や産後の授乳中で、化学物質や鎮痛成分などを摂ることができない妊婦さんやママさんにも安心して使えますよ。

 

>>一望百景の詳細ページはこちら<<

 

妊娠中 授乳中 ブルーベリーサプリ

妊娠中や授乳中にブルーベリーサプリで期待できる効果

ブルーベリーサプリは、血流を良くしてくれる抗酸化物質やビタミン群を補給する事で、
妊娠中や産後の授乳中の眼精疲労や肩こり、頭痛などの症状改善に効果的です。

 

妊娠中はマルチビタミンや葉酸サプリなどのサプリを補給している妊婦さんも多いですよね。

 

ブルーベリーサプリは、それらのサプリと同じくビタミンB群やビタミンA・C・Eなどと同様に
血液をサラサラにする働きで、血糖値の急上昇を穏やかにしてくれるポリフェノール群を摂ることができます。

 

つまり眼精疲労の軽減だけではなく、妊娠中から産後の授乳中の血糖値の上昇などの改善も期待できるということなんですよ。

 

またビタミン群や葉酸サプリなどとの併用は大丈夫なの?という方もいると思います。
その点についてもご安心ください!

 

マルチビタミンや葉酸サプリ、ブルーベリーサプリで摂れるビタミン群やミネラル、ポリフェノール類は水溶性であるため身体に蓄積されない性質をもっています。
そのため一時的に用法や用量を無視して大量に飲んだりしなければ、安全性は高いと言えます。

 

だからと言って、サプリメントだけで1日の全ての栄養をまかなおうとするのはダメですよ!!

 

普段の食事だけではちゃんと摂れない。または、不足しがちな栄養素を補うのがサプリメントです。
妊娠中だからと言って心配する必要はなく、むしろ積極的に摂り入れたいものがサプリメントですね。

 

このページでは、冒頭で妊娠中や授乳中の眼精疲労や肩コリ、腰痛などの改善にブルベリーサプリのおすすめをご紹介しました。

 

この後では、妊娠中や産後の子育て中の時期に起こってしまう眼精疲労の肩コリや首筋のコリ、腰痛などをブルーベリーサプリによる栄養補給と同時進行で改善するためのコツもご紹介します。

妊娠中・授乳期の眼精疲労を改善するコツ

妊娠中や授乳中に眼精疲労による首や肩のコリ、腰痛などに悩まされる原因はいくつかあります。

  • 栄養バランスが乱れがちになること
  • ホルモンバランスの変化
  • 妊娠中のお腹が大きくなる身重な状態
  • 産後の授乳期でのおんぶや抱っこなどで姿勢が悪くなってしまう

これらのいろいろな要因が重なって、眼精疲労による首や肩のコリ、腰痛などに悩まされてしまうんですね。

 

そこで、普段の生活習慣で眼精疲労による痛みを改善する工夫やコツも大切になってきます。

 

その工夫やコツは

  • スマホを見る時に顔を下げない
  • 眠る30分前にパソコン・スマホを使い終わる
  • カフェインをできるだけ控える

次に、これらの生活習慣をほんの少しずつ改めることによる効果をご紹介します。

 

結構あなどれない効果が得られるんですよ♪

スマホを見る時に顔を下げない

妊娠中や授乳中に限らず、スマホや文字の小さな新聞・雑誌などを読む時に顔を下げてしまうと、首筋が曲がり、猫背になってしまいます。

 

首や肩のコリはもちろんですが、猫背になってしまうと腰痛を引き起こす原因になります。

 

ですので、スマホを見る時は、二の腕を持ち上げるようにして首が曲がらない自然な姿勢で見られる高さに持ち上げると良いでしょう。
これは、二の腕のたるみを鍛えることにもつながります。

 

シェイプアップ効果も上がりますね♪

 

もし二の腕を持ち上げるのが大変な場合は、片手でスマホを持って、空いた方の手でスマホを持っている腕の肘を支えましょう。
楽に目線をあげてスマホを見られるようになりますよ♪

眠る30分前にパソコン・スマホを使い終わる

眠る30分前までにパソコンやスマホは使い終わってリラックスする時間を作りましょう。
パソコンやスマホなどの画面から発せられているブルーライトは、交感神経を刺激して寝つきを悪くしてしまいます。

 

パソコンやスマホは、テレビ画面よりも顔を近づけてみますし、背景色や照度の明るさもテレビ画面より明るくなっています。

 

そういった画面を眠る直前まで見続けるのは目の負担も強くしてしまいます。

 

また、もし眠る時にベッドにスマホを持ちこんだりしているようなら、
それを改めるだけで、眼精疲労を和らげる効果は絶大になりますよ♪

カフェインをできるだけ控える

カフェインをできるだけ控えることでも、眼精疲労による痛みを改善する事が出来ます。

 

コーヒーを飲み過ぎると、なかなか眠れなくなる事ってないですか?
妊娠中や産後の授乳中にカフェインを進んで摂るという方も少ないとは思いますが
もし、飲み物で紅茶が好きとかコーヒーが好きとか、思い当たるフシがあったら

 

ちょっと控えめにしてみてください。

 

それだけで、寝つきが良くなりますし、熟睡出来て、睡眠の質も良くなりますよ。

 

そうなると、眼精疲労の原因である疲れ目がやわらいで、肩こりや首筋のコリ、腰痛などが楽になりますよ。

 

妊娠中・授乳期の眼精疲労を改善するコツのまとめ

何気ないコツではありますが、こういった動作を意識するだけで、
妊娠中や産後の授乳期の眼精疲労による首や肩のコリ、腰痛などを和らげる事が出来ます。

 

ブルーベリーサプリに含まれる栄養素は、比較的吸収効率も良く、
目のピント調節などには即効性が期待出来ます。

 

ただし、妊娠中や授乳中の方が眼精疲労に悩まされている方は
効果を実感できるまでに時間がかかってしまう可能性もあります。

 

というのも、妊娠中はおなかの赤ちゃんのために、
そして産後の授乳中は、
母乳のために栄養が最優先に使われてしまう仕組みがあるからです。

 

妊娠中や産後の眼精疲労による様々な痛みを、
できる限り早く改善するには、
先ほどご紹介したスマホの持ち方やカフェインを摂り過ぎない事、
眠る前にパソコンやスマホは使い終える事などを意識してみると良いでしょう。

 

意識と言っても、ガチガチに意識しすぎてしまっては却って疲れてしまうので、
できる範囲で少しずつ始めてみてはいかがでしょうか♪