乱視に効くブルーベリーサプリってあるの?

MENU

乱視の原因と仕組みから見た改善に効くブルーベリーサプリ

乱視 ブルーベリーサプリ

このページでは、乱視の原因やその仕組みから見た改善に効果的な成分がしっかり摂れることで
乱視に効くブルーベリーサプリ』をご紹介しています。

 

乱視の悩みは、何と言ってもストレスではないでしょうか。

  • 景色がダブって見えて疲れてくると毎日の仕事に影響する・・・
  • 休日で家族と一緒に出掛けても車の運転が短時間で疲れて苦痛・・・
  • きれいな景色を見ていても感動が薄い
  • 毎日の仕事終わりのあとの首筋や肩のコリなど疲れが半端ない

もし、このような悩みを持っているならこのページでは、乱視のそもそもの原因や仕組み
その改善にはどのような手段があるのか、レーシックで乱視は治せるのか。メリットやデメリットは?などの内容もページ後半でご紹介しています。

 

まずは、乱視の改善に効果的なブルーベリーサプリの成分やその働きと効果を簡単にご紹介して行きたいと思います。

乱視におすすめのブルーベリーサプリ

 

乱視の改善におすすめのブルーベリーサプリは、ルテインやフコイダン、アスタキサンチン、ゼアキサンチンなど
角膜や水晶体の柔軟性を現状より改善することができる成分が摂れるサプリを選ぶのがカギになります

 

実際に改善する効果が出るかどうかは個人差があるため、なんとも言えませんが
少なくとも、乱視で起こっている現象が、角膜や水晶体のゆがみなので、その症状を改善する効果が期待できます。

 

具体的には、ルテインが10mg前後毎日摂れていれば、毛様体の働きでピント調節が行われながら水晶体のゆがみを和らげる効果が期待できます。
また、角膜については眼球の一番表面の“黒目”を柔らかくうるおいも維持してあげられる、フコイダンが効果的と言われています。

 

こういった栄養度をバランス良く摂れるサプリメントが『一望百景』という“沖縄産の紅イモ”のサプリです。
ルテインは白内障や緑内障の改善例も聞かれる成分で実際にアメリカでは代替医療として使われています。

 

一望百景は沖縄産の紅イモからアントシアニン、八重山かずらからルテインが20mg摂ることができるようにパワーアップされています。

 

>>一望百景の詳細ページはこちら<<

乱視の原因と仕組み

乱視の原因と仕組みは、先ほども軽く触れましたが、眼球の中で前半部分にある角膜や水晶体、
そして水晶体の厚みを調節する筋肉である毛様体(もうようたい)という筋肉の緊張やコリといったものが
影響しているのではないかと考えられています。
まだ完全に乱視の直接的な引き金や原因までは特定されていませんが、先天的なものと後天的なものがあります。

 

特に後天的なものに関して、眼球の前半部分の角膜や水晶体、毛様体の働きを助ける栄養成分が取れるサプリメントはオススメなんですよ。

 

乱視の改善に効果的な栄養素

乱視の改善に効果的な栄養素は、特に緑黄色野菜から取れる栄養素であるルテインやフコイダン、アントシアニン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなどが良いでしょう。
またこれらの中で、特に直接的に角膜や水晶体の柔軟性を取り戻すことができると歪みを矯正しやすくなります。
こういった成分を取ることによって乱視の改善に効果が期待できると思われます。

 

乱視 ブルーベリーサプリ

乱視に悩まされている方は日本人にとても多いんです。
その理由までは分かっていませんが、疲れ目の原因になりますし、眼精疲労にもつながりますので、何とか改善しなければなりません。

 

乱視には先天性のものと後天性のものがあります。
先天性のものは生まれながらにして水晶体や角膜にゆがみがある方で、余談ではありますけど、実は管理人はこちらのタイプです。

 

乱視は、日常生活で見る視界がすべてダブって見えてしまうため、本当にストレスが溜まりますし、普通の見え方では無いために目の疲れも酷くなります。

 

先ほども言いましたが、管理人も先天的な乱視だったために、毎日が酷い疲れ目とそれが蓄積されて起こる眼精疲労との戦いでした。
一方、後天性のものは文字通り生まれたときはなんともないものが、いつしか疲れ目などから視界の焦点が合わなくなり目を細めて見るようになって、
結果的に水晶体を調節している毛様体筋が水晶体を歪めてしまい網膜に届く前に一点で像を結ぶはずの光が焦点ズレを起こしてしまう事です。

 

どちらも結果として網膜に二重写りになった誤っている情報が届いてしまう事は同じなのですが、
後天性の方は目の酷使とそれによる疲れ目が原因なので、それを対策してあげる事で乱視を予防する事ができます。

 

疲れ目の原因の一つは目の酷使ですが、仕事や生活上それをやめる事は出来ないので、問題はその後のケアとなります。

 

ブルーベリーサプリに含まれるアントシアニンやアスタキサンチン、またルテインなどの抗酸化物質のポリフェノール類は、視神経の周囲に張り巡らされて毛細血管の血流を改善して疲れ目を和らげる効果があるのは皆さんご存知の通りです。

 

それらのポリフェノール類の中でもアントシアニンは、視神経の伝達物質のロドプシンのビタミンAから再びロドプシンに再合成され再びビタミンAになるという繰り返しの働きを助ける働きがあります。

 

ちょっと話が長くなってしまいましたが、これらポリフェノール類が効率よく摂取できるのがブルーベリーサプリなので、疲れ目から発生する後天性乱視を予防・対策する事が効率良くできるんですね。

先天的な乱視の対策

乱視 ブルーベリーサプリ

冒頭で、先天的な乱視は角膜や水晶体の“ゆがみ”から来るものというお話をしました。

 

ですが、こういう場合だとレーシック手術を受けて回復させるしかないように思われるかも知れませんが、乱視にも種類があり、レーシックでも適応手術が出来ない場合があるのだそうです。

 

それに仮に、レーシック手術で視力回復が可能だったとしても、手術を受けるには抵抗がありますよね。

ブルーベリーサプリメントを試してみませんか。

最終的な解決方法として一般的なレーシック手術。

 

ですが、その前に水晶体の柔軟性を確保する事と、水晶体のゆがみの原因になっている毛様体筋の緊張と固着を改善する対策は試してみる価値があるのではないでしょうか。

 

それは“ブルーベリーサプリメントで水晶体の柔軟性と毛様体筋に働きかける成分を摂る事”なんです。

 

もちろん絶対に効果がでると約束できるものではありませんが、最終決断の前にできるだけのことを試してみてからでも遅くはないと思います。

 

そこで、水晶体を保湿することで柔軟性を回復させられるかも知れないフコイダンの摂取と毛様体筋の緊張と固着を解す効果があると言われているルテインの摂取が同時にできるサプリメントがあるんです。

 

一望百景画像

このサイトでもランキング1位でご紹介している一望百景というブルーベリーサプリメントです。

 

一望百景は、沖縄産の紅芋(ベニイモ)を使ったサプリメントで、琉球もずくや八重山かずらという素材も使っています。

 

ここで気づかれた方も多いと思いますが、ブルーベリー(北欧産ビルベリー)を使っていないんですよ。

 

なので、厳密に言うと『ブルーベリーサプリ』ではありません。

 

しかしながら、有用成分の含有量が非常に高く、紅イモや八重山かずらなど沖縄の契約農家に栽培してもらっており、
無農薬有機栽培にこだわった素材を使っているため安全性も非常に高いのが特徴です。

 

普段の食生活で、ベニイモや琉球もずく、八重山かずら(カンダバー)を食べている沖縄の方々は目の悪い方があまりおられないんだそうですよ♪

 

さらに、これらの食材はすべて“抗酸化物質を豊富に含んでおり老化防止にも効果的”と言われています。

 

レーシック手術という最終手段を決断する前に健康的に身体の内側からできる限りの対策をしてみるのも良いかも知れませんね。

 

一望百景公式サイト入口