ケルセチン配糖体 効果 副作用

MENU

ケルセチン配糖体の効果がすごい!でも副作用は?

アドバイザー

このページではケルセチン配糖体の効果をわかりやすくご紹介しながら、副作用についても詳しく見て行きたいと思います。

 

ケルセチン配糖体は、生活習慣病のひとつのメタボを改善する働きが注目されています。
ですが、ビタミン群などと違って聞きなれない成分なので、
摂り方(サプリなどでも良い?)や摂る量、副作用は?などなど疑問点がたくさんあるのも事実です。

 

そこで、このページでは、ケルセチン配糖体の効果がどういった働き(仕組み)で、摂るときにどんな注意点があるのかを詳しくご紹介して行きます。
また、ケルセチン配糖体を摂取した方が良い『こんな人におすすめ』というところも一緒に見て行きたいと思います。

 

では、早速ですがケルセチン配糖体の働きから見て行きましょう。

ケルセチン配糖体の働き

ケルセチン配糖体は、生活習慣の中で、溜まった血中コレステロール値を下げてくれる効果があり、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

 

最近では、特茶のテレビCMで『脂肪を燃やすには、まず分解から!』というキャッチフレーズがありましたよね。
(すみません。ご存じない方も多いかも知れませんね。)

 

あの『伊右衛門の特茶』には、ケルセチン配糖体が含まれており、
それが、内臓脂肪を分解してくれる働きを持っているということから
『ケルセチン配糖体』という成分が一躍有名になるきっかけになりました。

 

つまり、ケルセチン配糖体には前述の血液サラサラ効果の他にも、
内臓脂肪を分解してくれる効果があり、メタボ改善や生活習慣病の予防に効果的ということなんですね。

 

ここまで、ケルセチン配糖体の効果をご紹介しましたが、副作用が気になりますよね。

 

気になるケルセチン配糖体の副作用ですが、専門の論文を見てみてもそれらしい記述はありませんでした。

 

というのも、ケルセチン配糖体は、元の通常のケルセチンから配糖体になったことで水溶性となり、身体に蓄積されるものではないからとのことです。

 

つまり、たくさん摂ったとしても『不要な上乗せ分』については、汗や尿と一緒に流れ出てくれるということなんですね♪

 

また、血中コレステロール値を下げてくれて血液をサラサラにしてくれる効果があることがわかっているため、
妊婦さんにも妊娠中毒症(妊娠中高血圧症候群)の予防に注目されている成分でもあります。

血圧測定器

ケルセチン配糖体ってなに?

ケルセチン配糖体とは、自然界に存在する数千種類にもなるポリフェノール群のひとつで、
『フラボノイド』というグループに含まれる黄色の色素成分です。

かわいいタマネギ

先ほども軽く触れましたが、タマネギの皮やソバガラなど、
食べ物として食べるには、ちょっと厳しいものが、ケルセチン配糖体を含んでいるという事になりますね。

 

ポリフェノール群は自然界に何千種類も存在するため、効果をひとことで説明するのは難しいのですが
全般的に共通するものとしては、抗酸化作用が強く、活性酸素による細胞の劣化を防いでくれるというのが主な効果になります。

 

その結果、血管を柔軟にしてくれて、血液もサラサラにしてくれるため、妊娠中の妊婦さんの高血圧症候群予防と体重管理にも効果的なんですね。

 

また、当然かも知れませんけど、生活習慣病のメタボ症候群の改善にも効果的と言われていて、それが注目を集めている理由です。

 

その他にも、アレルギー改善にも効果的で、花粉症やぜんそく(喘息)の予防・改善にも良いんだそうですよ♪

元気な女性

 

ケルセチン配糖体の効果は?

ケルセチン配糖体の効果は、主に次のようなものです。

  • メタボ改善効果
  • (血流改善による脂肪分解)

  • 抗酸化作用
  • (毛細血管の柔軟性確保と消失予防)

  • 血中コレステロール値を下げる高血圧予防効果
  • 花粉症の発作機序に関わるIL4(インターロイキン4)の抑制
  • 喘息の発作機序に関わるIL13(インターロイキン13)の抑制

また、副作用についても、現在は研究中で、人間による臨床試験の段階までは進んでおらず、マウスによる試験が行われている段階です。

 

今の段階では、先ほどの効果については、ほぼ100%に近い数値が記録されているそうで、学会でも報告されています。

 

妊娠中・産後の授乳期の安全性は?

妊婦さんや産後の授乳中のママさんへのケルセチン配糖体の副作用の報告はありません。

 

絶対の安全性ということになると、腎盂腎炎(じんうじんえん)で
フルオロキノロン系の抗菌薬の処方を受けている方だけは禁忌とされています。

 

しかしながら、そういった特殊な条件下の方以外は、ケルセチン配糖体を摂取することは問題ないとされています。

 

もし、妊娠中の免疫寛容(免疫機能の低下)による腎盂腎炎の治療で抗菌薬の処方を受けている方はご確認されてからの方が良いでしょう。

 

では、ケルセチン配糖体の過剰摂取はどうなのかを一緒に見て行きましょう。

ケルセチン配糖体の過剰摂取は大丈夫?

ケルセチン配糖体の副作用は普通の健常者の成人においては報告されてません。

 

過剰摂取はマウスの場合で、一度に160mgを与えると死亡したことが報告されています。

 

ただし、過剰摂取の量がマウスで160mgというのは、人間の場合(成人)はマウスに比べて体重が1万倍なので・・・
1.6kg一度で摂取すると(特茶の場合は、一度に8,700本)数字的には致死量という事にはなります。

 

しかしながら、ケルセチン配糖体の1.6kg分となると、具体的には・・・
ケルセチン配糖体のサプリメントを一度で5,000粒を飲まないと摂れない量です。笑

 

一度にサプリメント5,000粒も飲むなんてありえませんね。笑

ケルセチン配糖体の効果と副作用

つまり、ケルセチン配糖体の過剰摂取による副作用は、心配はしなくても大丈夫という事ですね。

 

なので、妊娠中、もしくは産後の授乳中で体脂肪率が気になる方は、ケルセチン配糖体のサプリメントを利用しみてはいかがでしょうか♪

ケルセチン配糖体のおすすめサプリ

ケルセチン配糖体は、冒頭でも軽く触れましたが、タマネギの皮やソバガラから抽出されるフラボノイドのひとつです。

 

冒頭でも触れた通り、食材として食べるには“ちょっと厳しい”と言わざるをえないものでしか摂ることが出来ません。

 

また、先ほどもご紹介した通り、副作用は一切報告されていない安全な成分です。

 

つまり、タマネギの皮から抽出された天然由来のケルセチン配糖体なら効率も良くて100%安全ということ。

 

そこで、おすすめのケルセチン配糖体が摂れるサプリメントが
こちらの『タマネギの力』というサプリメントが、ケルセチン配糖体のおすすめサプリメントです。

タマネギの力

 

タマネギの力をおすすめする理由は・・・

  • タマネギの皮由来の天然ケルセチン配糖体の安全性
  • 一粒でケルセチン配糖体140mgが摂取できる効率の良さ
  • ハウス食品が作っているサプリメントなので信頼性もGOOD!
  • 原料は国産の無農薬有機栽培のタマネギを使用
  • 1日3粒の分包になっているので持ち運びも便利

このような理由があります。

ケルセチン配糖体の効果と副作用

 

また、もう一つの理由として、今、このサイト経由でアンケートモニターコース(6ヵ月間定期購入)で
タマネギの力90粒入りの本品(1日3粒×30包=90粒)が初月0円送料無料2回目以降10%OFFという特別キャンペーン開催中です♪

 

一流の大手食品メーカーのハウス食品が、こういった限定キャンペーンを開催するのはとても珍しいこと。
なので、もし本当にケルセチン配糖体の健康効果が気になっている方には2度とないかも知れないチャンスですよ♪

 

また、それほどでもないけど、とりあえず1ヵ月分お試しで欲しいという方も1,600円割引で3,500円(税抜)で注文することもできます。

 

タマネギの力のアンケートモニターコースorお試しの詳細はこちらをクリック▽

ハウス食品タマネギの力公式サイト

 

ケルセチン配糖体はどんな人におすすめ?

ケルセチン配糖体はどんな人におすすめなのかというと、やはり健康を気にかけておられる方におすすめと言えるでしょう。

 

また、次のような人は是非家族のためにもケルセチン配糖体を摂るべきです。

  • 健康診断で太り過ぎを指摘された
  • BMI数値が気になる
  • 朝からなんだかもやもやして元気がない
  • ちょっと集中して何かをやるとすぐに疲れる

このような不快な症状や何とかしたい身体のだるさ、また健康診断の数値が気になるという方はケルセチン配糖体の働きが、悩みの改善に効果的な役割を果たしてくれる可能性が高いと言えるでしょう。

 

メタボを指摘されてしまっている方は、まずは脂肪を分解することが大切です。

 

ケルセチン配糖体は脂肪を分解する働きを持っているのは、このページの冒頭でもお話した通りなので、
先ほどのような悩みを持っていらっしゃる方は試してみる価値があるかも知れません。