眼精疲労を軽減させる首のツボマッサージ

MENU

眼精疲労の肩こりを軽減させる首のツボとマッサージのコツ

眼精疲労の肩こり

眼精疲労の肩こりって本当に辛いですよね・・・

 

ちょっと集中した作業をしただけであっという間に肩がパンパンに張ってしまって、
ゆっくり寝ると少しは楽になるけど、少しするとまた同じ痛みの繰り返し・・・

 

しまいには吐き気がするときも・・・

 

このページでは、眼精疲労による肩こりを和らげる働きがあるツボと、そのマッサージ方法、そして効果をさらにあげることが期待できるブルーベリーサプリをご紹介します。

 

ここで、なぜブルーベリーサプリなの?と思われるかも知れませんが、
眼精疲労はそもそも目の酷使によるピント調節の衰え、またかすみ、ぼやけなどが原因で、
そこを解決しなければ、ツボ刺激だけでは根本的な改善が難しいからなんです。

 

まずは、今悩まされている眼精疲労による肩こりのつらさを緩和させる首のツボからご紹介しますね♪

眼精疲労の肩こりを緩和する首のツボの場所と揉み方

昔から肩こりに効くと言われるツボは、首の付近に集中して数か所あります。

 

その中でも眼精疲労からくる肩こりには、視神経を刺激するツボが最適なんですよ。

 

これから紹介するツボは視神経の刺激はもちろん、肩がこる事で起こる目の充血も解消できるツボです。

 

軽く刺激するだけで大丈夫なので1分程度のマッサージを是非試してみて下さい。

風池(ふうち)

眼精疲労を軽減させる首のツボマッサージ

風池がある場所は、両耳のすぐ後ろの首の両上脇です。

 

この風池を刺激するマッサージ方法は

 

  • 力加減は“痛気持ちいい”と感じる程度
  • 2秒押したら、1秒離すの繰り返し
  • 30秒程度繰り返す

 

この風池は、眼精疲労の中でも肩こりと頭痛の改善に効果が期待できるツボです。

 

ツボ刺激による血流改善で視神経の働きを良くすると言われています。

 

天柱(てんちゅう)

こちらも場所は風池のすぐ内側、うなじの中心にある“ぼんのくぼ”の外側(僧帽筋)にあります。

 

天柱を刺激するマッサージの方法は

 

  • 力加減は風池と同じ
  • 呼吸のリズムに合わせる
  • 押した時に息を吐く
  • 離した時に息を吸う

管理人のわたしも疲れた時なんかは、これでリフレッシュしてから仕事に戻るようにしています。笑

 

こちらの天柱も、刺激する事によって、やはり血流改善効果が期待出来ます。

 

この2つの首ツボは、胴体と頭をつなぐ部位にあるため、眼精疲労の肩こりに即効的な効果が期待出来ます。

 

その理由は、頭や目で使われる血液が心臓のポンプで送られるのですが、このツボを通過して目や頭に届けられるため血流を改善する事による効果が期待できるという仕組みなんですね。

 

風池と天柱のツボ刺激効果をあげるサプリメント

先ほどご紹介した、風池と天柱の2つのツボですが、効果的には即効性が期待できるものの、効果の持続性がほとんどないのが痛いところです。

 

せっかく、痛みや辛さを改善出来ても、また疲れてくれば同じことの繰り返しという事になっては勿体ないですよね。

 

これには、目の近くに存在する毛細血管の血流改善や疲れ目を予防するための目のピント調節を助けてくれる栄養素の摂取が効果的です。

 

つまり、首ツボの刺激で即効性の眼精疲労改善効果と、サプリメントを利用した効果の持続性を期待した両方の“良いとこ取り”をしましょう!という話なんです♪

 

実は成人病のひとつである高血圧なども目の周辺の毛細血管が心臓から送られてくる血液をちゃんと使えない事も原因のひとつなんです。

 

高血圧の方が加齢と共に視力が落ち込んできたり、眼病になるのは血流の悪化がもっとも大きな原因と言われているのはご存知の通り。

 

眼精疲労 肩こり ツボ

なので、眼精疲労や肩こり、頭痛などを解決するには目の周辺の毛細血管の血流を改善する必要があるんです。

 

一先ずは先ほどのツボ指圧で、どれくらい効果が実感できるのか試してみて、それに効果を上乗せするイメージでサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか♪

 

こちらのボタンをクリックすると、このサイト内の『ファンケルのえんきん』の詳細ページに移動します。

ファンケルえんきんの詳細ページはこちら

 

もし、直接ファンケルの『えんきん』の公式サイトで詳細を確認したい方はこちらをどうぞ。

 

ファンケルえんきん公式サイトはこちら