ブルーベリーが摂れる飲み物の効果は?

MENU

ブルーベリーが摂れる飲み物の成分と効果は?

ブルーベリーが摂れる飲み物は、現在市販されているものは結構な種類もものがあります。
してくれるというものとパソコン作業や疲れ目の改善に効果的な飲み物ということで
どんなジュースや飲み物があるのかをちょっと探してみました。

 

私が住んでいる埼玉県の熊谷市の自分の自宅の近所にあるドラッグストアさんで
どのような商品があるのかを調べてみたんですけど、
私がそのドラッグストアさんで調べてみた限りでは、『ブルーベリー黒酢』というものが

ブルーベリーが摂れる飲み物の効果は?

お酢や調味料を市販している『ミツカン』というメーカーさんのドリンク(ドリンク?)がありました。
ブルーベリーはおそらく皆さんもご存知の方が多いと思いますが、目の健康に効果的なアントシアニンがたくさん含まれています。
このアントシアニンという成分は、ブルーベリーの紫色の色素の元になっている成分です。

 

このブルーベリーに含まれているアントシアニンはブルーベリー以外にも
北欧産のビルベリーやカシス、といった果物のその他のベリー類にも含まれていて、
この中で1番アントシアニンがたくさん取れるのは北欧産のビルベリーや少しだけ種類が違って、
吸収効率が高い低分子ポリフェノールのアントシアニンと呼ばれる『シアニジン3グルコシド』と呼ばれるカシスアントシアニンも
目の疲れを取るのに効果的です。
ですので目の効果という話で行くとカシスで作られたドリンクを探すのが1番早いのかもしれませんね。

 

ブルーベリーの効果を具体的に見てみると、目を見えるという認識を与えるための『私機能の改善』や、
目の奥の網膜の中心部にある黄斑部という部分の紫外線による酸化と劣化(華麗黄斑変性症などの原因になる)といった
目の疲れ自体が及ぼしてしまう目の病気を予防するためにも非常に効果が期待できます。
花粉症の緩和や便秘改善のための食物繊維も取れることから、
もしブルーベリージャムなどを生色で食べられるといった方はこちらの効果も期待して良いかと思います。

 

また、ブルーベリーの効果ではなくてアントシアニン単独の効果を見てみると
アントシアニンの効果の
1つ目としては目の機能を改善脂肪と頭の吸収を抑える効果、
さらに尿管感染症を防ぐ効果や肌を美しく健康に保つ効果などがあることがわかっています。

 

またもう一つの効果としては顔を予防する効果が期待できるというんです。ガンは活性が細胞を傷つけることで発症します。
アントシアニンはこの活性酸素をやっつける抗酸化力が非常に高いんです。
ありとあらゆるガンを予防してくれる効果があると考えることができます。
もちろん体を活性酸素から守る事は老化を予防することにもつながりますので、
もっと若々しく元気でピンピンとしていたいという年配の方を始めとして、ここ最近疲れを感じるようになってきたなぁ
という30代40代の女性の方、また20代だけどちょっと体調がすぐれない…
といったような疲れを感じるといったような形もこのアントシアニンをとることができるブルーベリーがオススメなんです。