ルックルックベリーの効果と副作用

MENU

ルックルックベリーの副作用は?注意が必要な人は?

ルックルックベリーは、クリアな毎日を実現してくれるサプリです。目にいい成分がたっぷり入っています。
ただ、こういったアイテムは副作用が心配ですね。
ここでは、ルックルックベリーの副作用について見て行きますが、結論から言うと、ルックルックベリーに副作用はございません。

 

ただしページの後半部分にて、過剰摂取による影響についてや、妊娠中の方、お薬を飲まれている方の場合についても書かれていますので、該当される方はそちらも合わせてご確認ください。

ルックルックベリーの成分から得られる効果をおさらい

まず、アサイーが2粒に100mg入っています。アサイーは、栄養価が非常に高いところが注目すべき点。

 

ざっと見ただけでも、これといった栄養素をまんべんなく網羅しています。
健康に対する効果は高く、疲労回復から、生活習慣病予防、美容、ダイエットなどさまざまな方面に用いられています。

 

中でも、視力回復効果は目覚ましく、中に含まれるアントシアニンが大きな力を発揮します。
アントシアニンは、ブルーベリーの5倍以上も含まれています。

 

次に、野生種ビルベリーが、2粒に100mg入っています。
この種のビルベリーのアントシアニン含有量は飛び抜けています。
一般的なブルーベリーの376個分ものアントシアニンを含んでいるのです。

 

この2つの成分だけでも、目に対する効果は非常に強いものがありますが、
ルックルックベリーにはさらに効き目をプラスする成分も加わっています。

 

主に目に対していい成分と体全体にいい成分の2種類が含まれています。

メグスリノキ

肝機能改善や利尿作用、動脈硬化予防など健康に優れた働きがあります。
眼病にも効き目があり、炎症を抑える作用があります。
眼病ではない目の疲労にも有効です。
目のかすみや視力低下にお悩みの人には最適の成分です。

ルティン

目に対する効果は絶大なものがあります。
第一に、紫外線から目を守ります。第二に、目の酸化を防ぎます。
そのために、さまざまな目のトラブルに力を発揮します。

ビタミンA

目の健康には欠かせない栄養素です。
ビタミンAが不足すると、夜盲症といって、暗いところでものが見えなくなります。

カシス

非常に抗酸化作用が強いのが特徴です。
さらに血行もよくすることから、疲れ目、老眼、視力低下から緑内障に至るまで、効果が期待できます。

ビタミンE

効果は多岐にわたります。抗酸化作用による、
老化防止、ホルモンバランスの調節、コレステロール値を低下させる、肌荒れの改善などです。

DHA・EPA

血液をサラサラにしたり、頭の働きをよくします。
また、脂溶性の不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸の仲間です)です。

 

そのため、眼球の表面を覆っている涙の油膜層であるムチン層を守る働きがあり、涙の蒸発と乾燥を防ぐため、ドライアイ対策に効果を発揮することが分かっています。

ルックルックベリーを飲む際に注意していただきたい方

ビタミンAやビタミンEは、摂りすぎると副作用がありますが、決められた分量を守っていれば、大丈夫です。
妊娠中の方やアレルギーの方が飲んでも、問題はありません。
ただ、他の薬と併用する場合、念のためお医者さんと相談してみましょう。

 

ここでは、ルックルックベリーの副作用などの安全性などを主に見てきました。
基本的に副作用などは無く、安全であることがわかりましたが、次に気になるのは、ルックルックベリーを飲んだ方がその後どうなったか?という部分ではないでしょうか?
以下のページでは、ルックルックベリーの愛用者の方の口コミが特集されていますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?