目に受ける紫外線と肌の日焼け

MENU

紫外線を目で受けると肌が日焼け?

目が紫外線を受け続けていると肌が日焼けするという話を聞いたことがありますか?
普通肌が紫外線を受けると肌が飛躍するのは当然ですよね。
UVカットクリームやオイルを塗って過ごすのが肌を開けさせないためのコツのひとつでもあります。
その他にもグローブや日傘などで顔やボディーの紫外線対策を行っている人も多いはずです。
ですが意外と知られていないのが「目で受ける紫外線」なんです。
このページでは、目で受ける紫外線によって肌の日焼けが促されてしまう仕組みや目の病気なども含むリスク。
それを防ぐための方法をご紹介して行きます。

目に受ける紫外線が肌を日焼けさせるってホント?

これは本当です。この仕組みを今からご紹介しますね。
実は目から日焼けをしてしまうメカニズムとしては目が紫外線を浴びることによって目の角膜が炎症を起こしてしまうんです。
その炎症が刺激となって脳下垂体に伝わります。
脳は「メラニンを作れ」とメラニン生成を促す指令を出します。
そうすると体全体で紫外線から身を守るためのメラニン色素をが生成されてしまって肌が黒くなっていくという事が指摘されているんです。

 

つまり肌を黒くしたくないと思ったら日差しが強い日は、
できるだけ肌を直接日焼けから守るための日焼け止めやグローブ、
日傘などを使うのは当然ですが、サングラスをはめたりすることも大切ということなんですね。

 

でも、人によっては「近所に出かけるだけなのにサングラスは何となく恥ずかしい」という方もいらっしゃると思います。
確かに近所にお買い物しに行ったり、ちょっとした用事を足すだけなのにサングラスというのも何となく恥ずかしいという気持ちはよくわかります。
私も恥ずかしいです。また中にはわたしはサングラスが似合う顔の形をしてないから・・という方もいらっしゃると思います。

 

ですが、そんなことを気にしている場合ではないかも知れません

 

その理由として、目が受ける紫外線の影響がどういったものになるのかをご紹介したいと思います。

紫外線による目の影響とリスク

紫外線による目へのダメージはとても大きいことをご存知ですか?

 

真夏の海岸や晴れた日の隙で目が真っ赤に充血することなどがありますよね。
これは主にUV-Bによって角膜が炎症を起こす「角膜炎」なんです。
強い紫外線を長時間浴びると黒目(角膜)を大角膜上皮細胞が炎症で所々剥がれたり向けたりするような状態になります。
強い痛みを感じて一時的に視力に影響が出ることもありますが、それをずっと何回も受け続けることによって
角膜がどんどん活性酸素によって酸化していくことの方が長期的に見ると怖いんです。

 

そのような目に対する紫外線の刺激を受け続けることで
角膜や水晶体がどんどん白く濁っていくということが繰り返されて起こっていくようになります。
これをずっと続けていくと…

 

「白内障」になってしまうんです。

 

白内障は緑内障や加齢黄斑変性症などと並んで、
世界中で人生の途中で失明をする中途失明の原因のトップ3を占めている目の病気です。
こうしたことを防ぐためには、サングラスを使う事が効果的なのですが、
サングラスをすると人相が悪くなってしまう男性や女性でせっかくかわいい顔立ちをしているのにサングラスをすることで台無しになってしまうといったような方も多いと思います。

 

そういった方でも目を紫外線から守っていく方法があるんです。
その方法がルテインを摂取すること。
ルテインというのは緑黄色野菜や花のマリーゴールドに含まれる黄色い色素成分ですポリフェノールの1種で
キサントフィル群のカロテノイドの一種です。

 

このルテインを摂取する事でどういったことが起こるのかというと紫外線の光による刺激を黄色の色素で和らげることができるんです。
紫外線の青とルテインの黄色が合わさることで人間の目にとって最も優しい『緑』に色が変化します。
こうすることで、肌の色が黒くなってしまうのと同時に目の病気予防にも役立つということなんです。