視力の低下とその治療法

MENU

視力の低下とその治療に役立つ栄養素を摂れるブルーベリー

視力とは、一度低下してしまうと再び向上させるのは大変です。
毎日の生活でしっかり目を休めるのはもちろんですが、目に良い栄養素のための食事を工夫したり
メガネやコンタクトレンズで視力矯正をして・・・それでも一度低下した視力が戻るかどうか確証はありません。

 

このページでは、低下するとやっかいな視力を回復させる治療法。
そして、治療が成功した後に目に起こる視力低下のリスクを防ぐ方法も最後のほうでご紹介しています。

 

もちろん視力が高い方が良い事は言うまでもありませんが、もともと人間が情報収集の90%以上を視覚に頼っているため目の負担がもともと高いんです。

 

さらに現代の情報化社会では、様々な情報が目から入って来ますし、知識によって快楽を得られるという霊長類としての特徴も持っているために、
より多くの有益な情報を集めようとするあまり、目の負担はどんどん増えていくという事になります。

 

この視力に関係する目の症状として、近視、遠視、乱視があります。
人の目は、レンズの役割をする水晶体によって屈折させて導き入れた光を、眼球の裏側にある網膜で検知して、視神経によって脳に伝えています。
これによって、外部の物体を「見る」ことができるのです。

 

近視とは、外部から入ってくる光の焦点が網膜よりも手前で結ばれている状態のことを言います。
これにより、近くのものはよく見えますが、遠くのものはぼやけて見えます。

 

遠視とは、近視の逆で、光の焦点が網膜よりも向こう側で結ばれている状態のことを言います。
これにより、遠くのものはよく見えますが、近くのものは見えにくくなります。

 

乱視とは、光の焦点が1ヶ所に結ばれていない状態のことを言います。

 

乱視の場合は、ものが二重、三重にダブって見えてしまいます。

 

上記の近視、遠視、乱視の状態を眼鏡やコンタクトレンズで矯正することにより、視力を改善することができます。

 

近視や遠視の場合は、光の焦点が網膜上に来るように調整します。

 

また、乱視では、眼鏡やコンタクトによって焦点が1カ所で結ばれるように調整します。

 

そうする事で焦点が結ばれる場所が網膜に近いところに修正することができるので、視力低下が矯正可能となります。

 

しかし、視力矯正は矯正器具に頼ってしまう事も意味しているため、矯正器具をなかなか手放せないという事態も起こってしまいます。

 

そういった事態を避けるためには、目の粘膜系と神経系の再生に効果的な栄養の摂取に留意しなければなりません。

 

視力の低下を治療する方法のひとつに栄養素の摂取バランスを見直すという事が大切なのですが、
それらをすべて食事でまかなうのは大変なので、ブルーベリーサプリメントをそのために利用するのは良い選択肢です。

 

また、視力低下は疲れ目が原因で起こることがほとんどです。

 

昔、お父さんやお母さんに『暗いところでゲームなんてやってると目が悪くなるよ!』なんて注意されたことありませんでしたか?

 

暗いところで目を使うと、見る対象物が何であっても関係なく、目の瞳孔(どうこう)が開きます。

 

瞳孔が開いた状態で、明るい画面(ゲームもそうですし、スマホ画面も同じです)を見つめていると、光の入り過ぎが網膜の黄斑部というところに良くない刺激を与えます。

 

そうすると、目の奥の毛細血管が炎症を鎮めようとしてたくさんの血液を送ろうとします。
これで血管が拡張するためです。

 

そうなると、代謝は活発になるのですが、ダメージ修復の過程で、完全には元に戻らなくなってしまうんです。
こういったことが起こるので、暗いところで目を使うのは良くないよと言われるんですね。

 

こうして、低下してしまった視力を治療するには、長い時間をかけて目にかかる負担を少なくして、目の健康的な新陳代謝を頼って行くしかないと言われていました。

 

この、目の健康的な新陳代謝のためには血流を活性化させるのが大切になってきます。

 

ブルーベリーは抗酸化作用のアントシアニンが、血流をスムーズにしてくれるので、新陳代謝をあげてくれる働きも期待できるんですよ。

 

また、そのためにはブルーベリーを生食で毎日食べることが大切になるのですが、
そういったことをやっているヒマもなかなかないですし、ブルーベリージャムなどをパンに塗って食べていたら太ってしまうかも知れません。

 

そういった心配もあるため、ブルーベリーから有効成分のアントシアニンだけを取り出して凝縮したブルーベリーサプリを利用する方も多いんですよ。

 

また、そのためにはビルベリーエキスと呼ばれる濃縮エキスの量が多いサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

ビルベリーエキスの配合量から見たブルーベリーサプリランキング

レーシック手術はどうなの?

低下してしまった視力を治療することができる有名なレーシックとは、レーザーを角膜にあてて治療するというもので、手術をした後から以前まで付けていた眼鏡やコンタクトレンズが不要になるという手術です。

 

わけあってすぐにどうにかしたい、という方には特にオススメの治療方法かもしれません。
ただしレーシック手術を検討する上で押さえておきたいポイントは、手術をした後でも目が悪くなるような生活習慣を送ってしまっていてはまた視力が低下してしまう恐れがあるということです。

 

さらに手術費用が非常に高く200,000円のものもあれば1,000,000円近くする手術もあります。
内容によって変わってきますが、いずれにしても数万円でできるようなものではありません。

 

そのため、中にはレーシック手術を諦めて視力回復に良い成分を習慣的に摂取する方向で目の見え方を改善される方も少なくありません。

 

また、先程の段落では視力の低下とその治療に役立つ栄養素の解説がありましたが、レーシック手術をされた後に目をいたわる習慣を取り入れるため、ブルーベリーの成分を効率よく摂取できるサプリメントを飲まれる方が多いんです。

 

つまり、せっかく手術をしてまで回復した視力を再び低下させないための方法としては良い選択肢だと思います。
なぜなら、目薬は防腐剤や血管収縮剤など、本来なら目にとって良くない成分も入っているものが多いからです。

眼鏡やコンタクトで視力回復はできるの?

近年視力を回復する手段として『レーシック手術』を取り入れている方がたくさんいらっしゃいます。
レーシック手術は目を見開いたまま目の表面を切られるので、なかなか勇気のいる治療方法です。

 

なので、できればそれを避けたいと、眼鏡屋コンタクトレンズで視力の改善を図る方もいらっしゃいます。
実際に眼鏡やコンタクトレンズによる視力の改善は可能だと言われていますが、
メガネの場合視力の改善効果があまり実感できなかった。という方もいらっしゃいますし、
メガネによる視力の改善には限度があると言われた。といった方もいらっしゃるようです。

 

メガネによる視力の改善には限度があると言われた。といった方もいらっしゃるそうです。

 

一方コンタクトレンズは、寝ている間に着用し視力を回復した状態にするというものがあるそうですが、
一晩つけると朝目覚めると視力が回復した状態になるけれども、
日中目をフル活用すると夜にはまた目がぼやけ始める。
そして1日つけ忘れると次の日はまた視界がぼやける。
といったような特徴があり、いわば永遠と継続しなければ視力回復状態を保つことができないというメリットもあるようです。

 

そう考えると、毎日サプリメントを継続して飲み続けることで、
成分の働きにより根本的な視力回復効果が期待できるというのは、最も手軽で質の高い視力回復方法だともいえますね。