視力回復と目の病気予防におすすめのブルーベリーサプリ

MENU

視力回復と眼病予防におすすめのブルーベリーサプリはこれ!

このサイトでは、視力回復と将来的な目の病気予防におすすめのサプリをご紹介します。

 

視力回復と目の病気予防には密接な関係があります。

 

というのも、目の網膜やその中心にある黄斑部、視神経などの部位には新陳代謝のための栄養が必要です。

 

そういった栄養素が不足すると視力の低下も起こります。

 

もちろん視力低下の一番の原因は、パソコンやスマホ、テレビ、細かい文字を読みつづけたり、
近いところを見続ける近距離作業などの連続による『目の酷使』なのですが、
その回復を助けてくれる栄養素(ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、DHA・EPAなど)による
新陳代謝がとどこおってしまうことが『視力低下の直接的な引き金』になります。

 

つまり、目の酷使によるダメージの蓄積が視力低下につながり、
それが、飛蚊症や白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの眼病につながるんですね。

 

先ほど紹介したような栄養素をちゃんと目の奥に運んであげるには
血液をさらさらにするための抗酸化物質が必要です。

 

そのような血液の働きを活性化させる抗酸化物質がルテインとゼアキサンチン、そしてアントシアニンの3つ。

 

これらの成分とミネラルがバランス良く、これを飲むだけで完結できるというサプリが
視力回復と目の病気予防におすすめにブルーベリーサプリです。

 

上記の成分やミネラルがこれ一つで完結できる注目のサプリ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【めなり】の成分や効果、口コミ・詳細ページ

 

視力回復に必要な要素は、水晶体の柔軟性を取り戻してピント調節が素早く適切に行えるようにすること。
そして、水晶体の厚みを調節している『毛様体』という筋肉の緊張やコリをほぐしてあげることが大切です。

 

このために必要な成分がルテインとゼアキサンチン、アントシアニンです。

 

ルテインとゼアキサンチンは、目の黄斑部にもともと存在している成分。
アントシアニンは植物が太陽光に含まれる紫外線から実を守るために合成する色素です。

 

ルテインとゼアキサンチンはもともと身体の中にあるとはいえ、加齢とともに減少して行きます。
また、アントシアニンは、植物が合成する成分でブルーベリーやナス、黒豆、青ジソなどに含まれています。

 

中でも、もっともアントシアニンをたっぷり含んでいる植物がブルーベリーであるためブルーベリーの仲間の中でも、
さらにアントシアニン量が多いビルベリーやマキベリーなどが注目されています。

 

また、将来的な目の病気予防には、眼球の中の硝子体(しょうしたい)というゼリー状の目の中身の酸化防止。

 

網膜の中心部の視神経の根元にある『黄斑部』の紫外線の刺激による劣化を防ぐことが必要です。

 

この目の病気予防の要素は、抗酸化力と紫外線(ブルーライトカット)の働きです。

 

年齢と共に少しづつ確実に低下して行く視力の回復や、眼病予防に最適な成分のアントシアニンやルテインが豊富に含まれているブルーベリーサプリは、有効成分の種類や量でおすすめのものを選ぶと良いでしょう。

 

アントシアニンやルテインに加えて最近注目のアスタキサンチンなどは、すべて天然素材から抽出される色素成分で、抗酸化作用を持つカロテノイドやフラボノイドと言われるものです。

 

一般的に広くポリフェノールとして有名なこれら抗酸化物質は、それぞれに特徴も働きも違います。

 

アントシアニンは視神経の信号伝達物質のロドプシンを再生成される過程を助ける働きがあります。

 

これは、水晶体やガラス体を通過して景色として入ってきた情報を脳に伝える役割を果たしている伝達物質がロドプシンで、脳に情報を伝えるためにはタンパク質として分解されなければならないのですが、視覚の情報は連続で次々と入って来るために分解されたロドプシンは再合成されなければなりません。

 

そのロドプシンの再合成を助けるのがアントシアニンなんです。
視力低下や視界のボヤケに悩まされているなら、アントシアニンの量がたくさん摂れるサプリメントを選ぶのが良いでしょう。

 

緑内障や加齢黄班変性などの将来的な眼病予防で選ぶならルテインが配合されているブルーベリーサプリがおすすめです。

 

その理由は、緑内障も加齢黄班変性も眼球の周囲に貼り巡らされている毛細血管の血流悪化や血管の損傷によって網膜やガラス体に異常が生じてしまう事で起こる病気で、ルテインにはポリフェノール類の中でも最も分子構造が小さく、毛細血管に入り込んで血管を丈夫にしたり、血液の流れが滞る原因である酸化劣化などを回復させる働きがあると言われているからです。

 

それぞれに働きや効果が違う成分である事を理解して、視力低下や眼病予防など自分の目的に最適なブルーベリーサプリを選ぶ事をおすすめします。