白内障の予防〜酸化ストレスを意識する

MENU

白内障の予防法は酸化ストレスを意識するのがポイント

白内障は薬を飲んで治すことができず、手術をしなければ治らない目の病気です。
手術費用も高額ですし、麻酔をするとはいえ、意識がある中まぶたを強制的に開かされてしまうため手術の様子は見えてしまいます。
できればこうなることは避けたいですよね・・・。

 

そのためには正しい予防が何よりも重要となります。
そこでこのページでは、現在、患者数が急増している白内障の予防について角膜の酸化劣化を防ぐという観点から、具体的な正しい予防方法をご紹介します。
また、ページ最下部で白内障の予防に注目されている成分であるゼアキサンチンやルテイン、アントシアニンがひとつで摂れるサプリメントをご紹介しています。

白内障を簡単におさらい

眼の中で光を通す、レンズのような役割を担っている水晶体が、真っ白に濁ってしまうのが白内障です。
物を見るために欠かすことができない光がうまく通らなくなることから、物が正しく見えなくなったり、白い靄がかかったような状態になるというような症状が出てきます。
また失明に至ることもある眼病ですが、幸いなことに日本国内においては手術による治療法が確立されています。

 

ですから症状を放置せず正しい治療を受ければ失明に至ることはありません。

白内障の原因

何故、白内障を発症するのか、水晶体が白く濁ってしまうのかという原因に関しても、明らかにされています。
水晶体の細胞にはクリスタリンタンパクと呼ばれるタンパク質が存在しています。

 

通常であれば非常に細かく、水晶体の働きを邪魔することもないタンパク質を構成しているアミノ酸が、様々な要因によりストレスを受けることで変質異常を起こしてしまうのが主な原因です。

 

そしてこのメカニズムが引き起こされる原因としては酸化ストレスが挙げられ、加齢や紫外線ダメージ、物理的ダメージ、熱ダメージなどが挙げられます。
酸化ストレスは、細胞や血管などを酸化させることから眼だけに限らずあらゆる部位に異常を引き起こし、老化や疾病の原因のひとつとも認識されている現象です。

 

ですからこれを意識することは、白内障予防は勿論のこと、全身の健康を守ることにもつながります。
酸化ストレスそのものに対する予防法を考える前に、まずは物理的ダメージや熱ダメージを眼に与えないようにすることが重要です。
何かがぶつかったりすると、たとえ痛みは少なかったとしても、眼には大きなダメージが加わっていることが考えられます。
このような場合は、早急に眼科にかかるようにして下さい。

白内障の予防方法

それでは白内障の原因となる酸化ダメージに対する予防策ですが、これは抗酸化力を味方につけることが効果的です。
抗酸化力とは酸化ダメージに対抗する力のことで、実はこれはもともと人間の体にも備わっている力です。

 

ただし、ストレスや生活習慣の乱れ、加齢によりこの力は低下してしまいます。
ですからそれを補うことが必要です。

どの食べ物からどの栄養を摂るべき?

緑黄色野菜の鮮やかな色のもととなる成分は、抗酸化力を豊富に含んでいることが多いので、これらの食事を意識して摂取すると良いです。
また眼に関しては、ルテインという抗酸化成分が効果的だと言われています。

 

ルテインには、外部から眼に入ってくる光の中でも特に有害な光を吸収すると言われているためです。
また白内障は、薬剤で予防することも可能です。気になる方は一度、眼科に相談してみると良いです。

ルテインをサポートする成分

ルテインの吸収効率を上げるには、アントシアニンやゼアキサンチンと一緒に摂取する事が大切なポイントとなります。

 

ルテインとゼアキサンチンは、本来は目の奥の網膜の中にある成分で紫外線刺激から視神経や網膜を守っているのですが
ルテインとゼアキサンチンの身体への吸収効率を上げる成分がアントシアニンなんですよ。

 

ルテインとゼアキサンチン、アントシアニンの3つの成分が同時に摂れるサプリメントは
世界でただ一つ。めなりだけです。

 

その名前は『めなり』といいます。

  • めなりの成分と白内障予防以外の目に嬉しい効果
  • 愛飲者の方の口コミ
  • 損しないための最安値情報

などはこちらから確認することが出来ます↓

 

めなりの詳細はこちら